内科(随時受付可)

□高血圧・高脂血症・糖尿病・痛風などの生活習慣病

□風邪・インフルエンザ・気管支喘息などの呼吸器疾患

□各種検診(電話確認が必要)一般検診・特定健診・長寿検診など

□終夜睡眠時ポリグラフィー検査(電話確認が必要)睡眠時の無呼吸を調べる簡単な検査です。

※簡易テストのため、詳しい検査が必要であると医師が判断した場合には他の医療機関へご紹介いたします。

神経内科(初診のみ予約)

ものわすれ、手足のしびれ、めまい、かってに手足や体が動いてしまう・ふるえ(不随運動)、うまく力が入らない(脱力)、歩きにくい、ふらつき、つっぱり、しゃべりにくい、ろれつがまわらないなどの症状でお困りの方ご相談ください。

リハビリテーション科

外来リハビリテーション(送迎なし) ※医療保険で行うリハビリテーションです

□脳血管リハビリテーション料⇒パーキンソン病・脊髄小脳変性症など、慢性の神経筋疾患の患者様、多発性神経炎、多発性硬化症、末梢神経障害など、その他神経疾患の患者様(一部抜粋)

□運動器リハビリテーション料⇒慢性の運動器疾患により一定程度以上の運動機能の低下および日常生活動作能力の低下を来している患者様、運動器疾患またはその手術後の患者様(一部抜粋)

□呼吸器リハビリテーション料⇒肺炎・無気肺など呼吸器疾患の患者様(一部抜粋)

難病リハビリテーション(送迎要相談) ※医療保険で行う1日6時間のリハビリテーションです。

難病リハビリテーションとは・・・

難病患者の社会生活機能の回復を目的とした機能訓練を実施し、自立した生活を維持できるように支援しています。また、参加者同士の情報交換や励ましにより心理的・社会的にも「元気さ」を取り戻し明るい仲間つくりを行います。

集団活動を主としたリハビリテーションです。当院では個別も重要と考え対応していますが(発声訓練・自主訓練指導・福祉用具アドバイス・個別訓練などがあります)本人様の状態やニーズまた利用回数などを踏まえプログラムを検討していきます。

対象者・・・

難病リハビリテーション料に規定する疾患を原因として日常生活動作に著しく支障を来している状態(入院中の患者以外)であり、医師がリハビリテーションが必要であると認めるもの。

対象疾患(病名)または送迎に関しては、地域連携室相談員までお問い合わせください。

通所リハビリテーション(送迎あり)※介護保険で行うリハビリテーションです。

通所リハビリテーションとは・・・

自宅で日常生活を送りながら、日帰りでリハビリや食事・入浴・レク活動を行います。ケアプランに沿ったリハビリテーション計画をもとに個々に合わせた支援や機能回復訓練を行います。日中を当施設で過ごしていただき、集団または個別にあったいろいろな活動を楽しみながら機能回復を目指します。

対象者・・・

?65歳以上の方(第一被保険者)で「要支援」「要介護」と認定された方

?40歳以上65歳未満の方で、特定疾病に該当する方で「要支援」「要介護」と認定された方

利用日・・・月曜日?土曜日 祝祭日の利用いただけます

休み・・・日曜日・年末年始・旧盆1日(ウークイ)

提供時間・・・9時30分?16時00分(6?8プラン)

申し込み方法・・・ケアマネージャー様よりご連絡ください

※無料体験・見学も行っております。お気軽にご連絡ください。

 

訪問リハビリテーション (在宅または施設などで行います) ※介護保険で行うリハビリテーションです。

 

訪問リハビリテーションとは・・・

リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士)が利用者様のご自宅に足を運び、実際にその場でリハビリの支援をうけることができるサービスです。通院・通所リハの利用が困難であっても、住み慣れたご自宅で自分のペースでリハビリを受けることができます。

ケアマネーシャー等の関連職種と積極的に連携を図りながら、チームの一員としてその専門性を発揮することができます。

また、通院が可能であっても自宅の環境設定やご家族への介助指導など短期(1,2か月)の訪問リハビリも行っております。

 

※ 当院では、各部署にセラピストが配置され、医師の指示に基づき患者様一人ひとりに合ったプログラムを作成し、必要なリハビリテーションを実施しています。